アラフィフママの今過去日記

自分と家族の現在のことや過去を振り返りながら思うことを綴ります。

面と向かって子供を批判するママさんに遭遇した

 「あなたの子、おかしい(変)よね」と言うママさん

さすがに傷ついた。

8年の時を経て、毒 吐かせてもらいます。

 

次男坊が幼稚園に通っている頃、長男坊と同じ歳の子を持つママさんから親子でおうちに誘われた時の事。

その時長男坊は用で行けず、次男坊と2人でおうちへ伺いました。

 

 

ただ次男坊は、敏感で繊細なタイプ

新しい環境や慣れない場所はとても苦手な子でした。

 

 

当時そんな次男坊に、 いろんな環境に少しでも慣れさせようと

いろんなところへ積極的に参加していましたが

そういうのが難しい子なのかなとは感じていました。

幼稚園の頃は親子連れ立って大勢で遊びに行ったり集まりがさかんでした。

私は次男坊のためにと思いつつも、いつも参加するのに躊躇していました。

 

 

おうちに誘われた時もお兄ちゃんはいないし同じ歳の子の友達もいないし

どうしようか迷いました。でも、当時引っ越しして間もなく

私も子供も交流を広めたほうがいいかと思い2人で遊びに行きました。

 

 

でも…

やっぱりダメでした。

全然慣れず、始終泣いたりぐずったり…。

そのママさんはご飯を用意してくれていたので すぐに帰るのは悪いと思い、

次男坊をごまかしごまかしなだめてその場をしのぎました。

ママさんにお願いしてビデオを見せてもらったりもしました。

 

 

後日地域の集まりで飲み会があり、そのママさんと隣の席になりました。

その時、「あの時は迷惑かけちゃったね」ってお詫びをしたところ、

そのママさんから

「なんかさあ、あなたの子おかしいよ。」

って、言われました。

まわりに人がいる中、何度も批判する言葉を言われました。

 

 

ぐずっている子供を怒らずに、ただなだめていた私を間接的に批判しているのか…

それとも、次男坊にグレー的要素があると言いたいのか…

 

とにかく次男坊を『おかしい』と表現されたことがとても悲しかったです。

心無いママさんの言葉はとても傷つきました。

 

その言い放ったママさんのおうちは子供のしつけが厳しいようでした。

 

ただ、どうでしょう。

それをストレートに言うのってどうなんでしょう。

そういうことを言えちゃうママさんて、

自分の子育てに自信があるのでしょうか?

それともマウントを取りたかった?

しつけはきびしくとも人の気持ちを考えられないママさんのそばで、

その人の子供は今どんなふうに育っているんだろうと思います。

 

 

当時、次男坊は転園して新しい幼稚園に慣れるのに時間がかかっていました。

毎日のように幼稚園は行きたくないと言っていて、

私自身もどうしたらいいか悩み画策していた時でした。

 

f:id:etchannel7:20200915221651p:image

 

 

子供の性格?特性?個性?の話はとてもデリケートだと思う。

しつけのことだって、そう。

 

 

 

悩んだ末、思い切って地域の『発達相談の窓口』に電話をしました。

実際、次男坊を診てもらいましたが、今のところは特に気なるところはないとの

診断でした。

でも診断されたものの、疑心暗鬼で…

そうなるとやっぱり私のしつけ、関わり方の問題となるか?…

結局すっきりしない、解決しない、そんな気持ちが続く負のスパイラルでした。

 

 

 

そんな次男坊、小学校はどうなるか不安でしたが淡々と6年間登校しました。

中学校も淡々と登校しています。時折学校へ行きたくないとはいいますが…。

相変わらず外出は嫌い、基本はおうちにずっといたいようです。

子供会の催しは自由参加のものは不参加、絶対参加の時はイヤイヤでしたが参加していました。

割り切れるようになったのか、我慢しているのかといったところです。

幼児期の頃よりは成長したと思います。多少なりとも場をわきまえるように

なりました。

 

 

しつけではどうにもならない、家庭環境で変えるには限界がある、

持って生まれたその子の性格はあると思います。

専門家ではないので断定できませんが、今までの子育てで私はそう感じます。

 

 

振り返ると、

当時無理して嫌がる次男坊をいろんなところへ連れ出さなくてもよかったのかもと思います。

いろんな誘いを断る勇気も必要だったかなと…

次男坊のためと言いつつ自分のためでもあったような…

自身も無理して頑張ってたかな…。

 

 

次男坊が幼児期だった8年前、

自分にも育児にも自信がなかった私は、他人の言葉に敏感すぎたのかもしれません。

 

ただ、

今 思うのは、

場所を選ばず、相手のことも考えられない…

よその子を『おかしい』と表現した

ママさんのほうがよっぽど『おかしい(変)!』と私は思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くせ毛と共に生きる

くせ毛と戦う人生

サラサラヘア―に憧れ続ける

最近ようやく落ち着いた

 

私の髪質はくせ毛です。

まあまあ強め。量も多いです。

学生の頃はどんなにブローしても前髪は膨れたり、縮んだりして残念な状態に。

雨の日は最悪でした。

 

高校生の頃にお小遣いをためて

一度ストレートパーマをかけてみましたが、

髪を洗うと1日で戻りました。(笑)

 

就職してからは、いろんな髪型に挑戦しました。

ベリーショートにしたり、くせ毛より強いパーマをかけたり。

 

そうこうしていると、私にとっての救世主『縮毛矯正』に出会いました。

縮毛矯正をするようになると

学生の頃ほど自分の髪質に悩まなくなりました。

手入れもらくで縮毛矯正にはほんとに助けられました。

憧れのサラサラヘアーになれて嬉しかったです。

 

f:id:etchannel7:20200914121316p:image

 

ただ、維持費がね…

縮毛矯正プラス、カラーしたり、トリートメントしたりって

独身の頃は自分の髪に投資できたけど

主婦になると痛い金額です。

そして縮毛矯正をやり続けると、髪も痛んだように思います。

また、縮毛矯正は時間がかかるんですよね…

いつも美容院の雑誌を読みつくすぐらい長時間居座っていました。

 

 

ある時、長くおつきあいのある美容師さんから

「縮毛矯正をやめて地毛のくせ毛に戻してみましょうか」

と、提案を受けました。

カットの仕方や、スタイリング剤でどうにかなるような話でした。

 

 

ここ3年、私は縮毛矯正をやめてショートにしています。

指通りが以前よりよくなりました。

以前はくせ毛で結べない長さは不安でしたが、今のところ気になりません。

年齢と共に髪に元気がなくなった( ̄▽ ̄;)というのもあるかもしれませんが

思っていたより落ち着いています。

ただやっぱり濡れた髪はしっかり乾かさないと、次の日は大泉洋さんっぽくなります。

( ̄∇ ̄)

 

 

昔に比べてスタイリング剤はほんとにたくさんいろんな種類が出ていますね。

私は美容師さんの薦めでオイル系を使っています。ボリュームが抑えられ、よく言えばちょっとゆるいパーマがかかっているように見えなくもないです。(笑)

このオイル系のスタイリング剤は香りもよくほんとに重宝しています。

手放せません。

 

 

シャンプーは美容室で売っているようなものや、

口コミで評判のいいものをサイトから購入していたこともありましたが、

これもまたやっぱり私にとっては高くてリピートが難しくなりました。

 

 

今は、ドラッグストアなどで売られている『ひまわり』という

シャンプー&トリートメントに落ち着きました。

仕上がりがしっとりします。

 

 

アラフィフになりようやく価格や仕上がりに納得のいくものに

出会いました。

もう少し早く出会いたかったけど…

 

 

 

くせ毛に対してコンプレックスを感じていましたが、

今はくせ毛カットの得意な美容師さんがいたり

シャンプーやスタイリング剤もいろんな種類が出ていて

昔よりはとても『くせ毛』と付き合いやすくなったなあと思います。

 

 

ただやっぱり学生の頃、サラサラヘアーだったらもうちょっとモテてたかなって

妄想することはあります。( ̄∀ ̄)

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

引っ越しをする時、子供が通うことになる校区はかなり調べた。

自分が中学の時、転校を経験

自分の経験をふまえて。

私の親は反面教師

 

長男坊が小学校へ上がるタイミングで、私達は引っ越しをしました。

その時、マイホームを購入しました。

 

私達にとって永住の地となる場所。

とても慎重に探しました。

場所を探す時、

優先して考えたのが子供の環境です。

 

 

私は中学2年生の時に転校を経験しました。

はじめは転校には抵抗がなく、新しい環境にわくわくしていました。

ところが、その転校先はそのあたりの地域の中でも特に荒れている学校で

今はもう見なくなった制服スタイルの女子や男子があちこちと…(゚д゚lll)

学校全体の雰囲気が、良くは見えませんでした。

 

私は馴染むのにかなり時間がかかりました。

 

 

当時父は、転勤が決まると引っ越し先を母とは相談せず一人で決めました。

住む場所は広範囲から選べたはずで、選択肢はかなりありました。

そんな中なぜ私はあの学校へ通学することになったのか。

 

選択肢がないなら仕方ないけど

…なぜ?

 

f:id:etchannel7:20200911095640p:image

 

  

結局父は自分にとっての利便性を優先していました。

まずは自分にとって都合がいいところか。

それが判断基準でした。

父には『子供がその環境でどう育つか』という考えは

なかったようです。

不動産屋さんや会社の人に校区の情報を聞くことはしなかったようです。

また母にとっても住みやすいかというのも考えていなかったように見えました。

 

 

父は単身赴任も2回しています。

転勤が度々ある父は大変だったと思います。

ただ大人になって私は、

あの時もう少し子供の気持ちや環境を考えてくれていたらと思いました。

 

  

子供は環境を選べません。

親や大人が言うことが絶対でそれに従う。

 

 

私に子供ができ親となった時は、自分の経験をふまえて

可能な限り子供の環境を整えてあげたいと思いました。

 

 

いじめはないか?学習の取り組み具合は?

気になることはいろいろ調べました。

探すことにそれなりの時間を費やして決めた新境地では

子供達が快適に暮らせるように、 いいお友達に巡り合えるようにと願いました。

  

 

子供たちは今のところ住んでいるところに満足しているもよう。

特に長男坊は自分の住んでいるところが好きらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

台風10号到来!甘かった私…。

備え不十分

猛省

怖かった一夜

超大型の台風10号が到来しました。

 

今まで台風などで大きな被害を経験したことがない私は、

あんなにテレビで命を守る行動を!って言っていたのにもかかわらず、

危機感が足りませんでした。(*_*)

 

 

 防災グッズは、子供達の分と自分の分をリュックにつめてはいました。

ただそれも2年前ぐらいに用意したもので…

あらためて確認したら、賞味期限切れの食品やサイズの合わなくなった子供の衣類が

入ったままの状態でした。

 

 

リュックの中身をつめなおしたり、家の中を確認したり、必要なものを書きだしては

パパさんと二手に分かれて買い出しに奔走しました。

台風が近づく2日前でした。(5日土曜日)

遅すぎる行動でした。(>人<;)

 

電池や水、食品をもとめて買い出しには出たもののあちこちとさまようことに…

どこも渋滞していました。

スーパーでは保存がきく食品が品薄状態。

水はなくなる寸前で、なんとか確保できました。

 

 

車のガソリンを満タンにし、保存食をあれやこれやと確保した後は

自宅の外周をひととおり確認。

4台ある自転車は全部、強引に家の中に入れました。

外用のゴミ箱、軽めの植木鉢も中に。

飛びそうなレンガも撤収。一部は車のトランクへ。

エアコンの室外機はロープで固定。

ただ、ロープが足りず全ての室外機は固定できませんでした。

 

 

まあまあ形になったかと一段落していたら

外で片付けをしていたご近所のママさんから、

「窓に養生テープ貼った?」と、尋ねられました。

「なぬーっ、養生テープ⁉」 Σ(゚д゚lll)

   

『暴風から窓ガラスを保護するために養生テープを貼る』

全く考えていなかった。アホだ私。抜けてる。

 

仕方なくパパさんが、完売覚悟でまたまた奔走。

それもチャリで!。(車だと渋滞してる上、駐車場に入れなかったら困るから)

 

3ケ所ほどホームセンターをまわったようでしたがやっぱり売り切れ…

日が暮れて外は真っ暗の中、パパさんは帰って来ました。

 

仕方なくガムテープで代用しようということになりました。

 

 

なんとも要領を得ない1日でした。

もう少し早く気付いていれば、こんなにバタバタせずに

余裕をもって準備できたのにと猛省です。

 

 

次の日(6日日曜日)は、再度家のまわりをチェックし

網戸をガムテープで外側から固定しました。

窓にも新聞を貼りました。

ガムテープだけで代用しようとしたところ

長男坊が

「窓に新聞をはったほうがいいらしいよ、本にかいてあるよ」と

アドバイスをくれました。(^ν^)

 

 

2日間、右往左往。

私は気圧のせいなのか心労のためなのか、偏頭痛になり薬を飲みながらふらふら準備。

疲労困ぱいでした。

 

そんな中

明け方が一番ピークと予想されていた7日の月曜日に、

パパさんは普段通りに出勤しないといけないと言い出した!

ええええ~⁉ 

こんな時こそリモートじゃダメなの~?(ToT)

 

月曜日に始発から電車が止まるため、出勤ができなくなるということで

会社近くのホテルで前泊するって…。

6日日曜日の夕方、電車の運休前に家を出ました。

 

 

「夜、おらんのか~い!」悲痛な叫び。(ToT)

警戒が1番必要とされる6日の夜から7日の朝まで…

肝心な時に不在…

準備も心もとなく、不安な状態のまま子供達と一夜を過ごしました。

f:id:etchannel7:20200907235053p:image

 

私は眠れませんでした…。

 

予報通り明け方が一番ひどく、それがとても長く感じました。

「ゴォォォオ~!」という猛烈な風の音がとにかく怖かった。

今まで聞いたことがないほどの激しい風の音。

シャッターを打ちつけ、ガタガタと音を鳴らし

何かが壊れそうでほんとに怖かった。

無事でいられるよう祈る気持ちでした。

 

結局、

うちの近辺は停電にはならず大きな被害を被ることは免れ、幸いおうちも無事でした。

運よく難を逃れました。 

 

今回の教訓

・何をどの程度準備すべきか分かっていない

       ↓

・思いつきで場当たり的に準備を進める

       ↓

・無駄な動きが多く準備の抜け漏れが多い

       ↓

・万全の準備ができていないことへの不安と焦り

       ↓

・結果、とても疲れる。ひたすら疲れる。無駄に疲れる。

 

振り返りとして、

災害対策の手順をまとめたマニュアルの必要性を痛感しました。←うちの場合ですが。

 

『我が家のオリジナルマニュアル&チェックリスト』を作ろう❕

 と、思います。

 

まさしく『備えあれば憂いなし』デス。

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

子供の習い事

どれが続いたか

どの習い事がよかったか

兄弟それぞれ

 

今息子たちは高校生と中学生です。

彼らが幼児期や小学校の頃、将来どんなふうになるか

とても楽しみでした。(今でもね)

たくさんの可能性を秘めてる⁈(笑)と期待して

いろんな習い事をしました。( ^ω^ )

目的はいろいろ。

  

幼稚園・幼稚園の頃       

・通信教育のポピー ←学力向上のため(かしこくなってほしいよね、やっぱり)

・スイミング    ←体が強くなるように

・ピアノ      ←特技になり自信につながるようになればと

・拳法       ←心身が強くなればと思って

・お絵描き教室   ←想像力が豊かになればと

・サッカー(長男のみ)

・習字(次男のみ)

中学生の頃

・塾        ←学力向上のため・進学校を目指すため

など。

 

 息子たちは同じ習い事をしても

兄、弟それぞれ続いたもの、すぐにやめてしまったものとバラバラでした。

 うちの兄弟は2人とも根本的には似ています。内向的な性格です。

でも、得意なことや興味を示すものはそれぞれ違っていました。

 

結局、習い事をさせてみてよかった、効果があったと今感じるものは

長男坊スイミング!

 赤ちゃんの頃熱性けいれんがあった長男坊は、

高熱が出やすく風邪をよくひいていましたが体力がつきました!

 

ただ、次男坊はぜんぜんダメでした。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

行くのを嫌がり、連れて行ってもギャンギャン泣いて

プールの隅でレッスン中もギャンギャン泣いて…ほんとにてんてこまいでした。

そのうち慣れるかと思いましたが、どうしても嫌だと言うのでやめてしまいました。

私がギブアップしたというのもあります。(*_*)

 

長男坊は、小さい頃から外遊びが好きで運動が好きでした。

小学3年からはじめたサッカーは今も続いています。

拳法 は師範から「筋がいい」と褒められることがありましたが(笑)

サッカーと練習時間が重なったのでサッカーを優先しやめました。

 

次男坊にとってよかったのは習字!

これはほんとによかった。(^ν^)

長男坊は運動が得意そうだったから

次男坊にも何か得意となるものをと思い習わせました。

5年ほど通うと『段』が取れたのでやめてしまいましたが

今も丁寧にノートの字を書いています。

学校の教室の後ろに貼られている硬筆の作品に『優秀』のシールが

貼られていることもありました。

 

 

 長男坊はくせ字のまま成長してしまいました…。

長男坊にもさせればよかったな~と後悔しています。

悲しいぐらい字がへたっぴです。

 

 

 次男坊はポピーもよかったです。

高学年になるとテスト前に対策用プリントを解いていました。

登校前の少しの時間でしたが、それをするといい点が取れていたようで

習慣になっていました。

(成功体験があったのかも?)

 

 

ただ、長男坊はなかなか定着しませんでした。親がやらせている感じ。 

次男坊のほうが、通信教育に抵抗がなかったようです。

 長男坊は小学校の時は公文式のような勉強する雰囲気がある環境で

させたほうがよかったかなと思います。

ポピーより月謝が高くなるけど…

 

 

次男坊は年少から始めたピアノは今も続いています。♪

とってもゆる~い感じのレッスンでそのせいなのか

何でもすぐにやめたがる次男坊ですが続いています。

先生のことも好きなようでそれも続いている理由かも。

ピアノがこれから生きてく中で役立つことはないかもしれないけど、

次男坊には趣味として続けてくれたらいいなと思っています。

ピアノは脳にもいいって聞くし。(о´∀`о)

 

勉強面は2人とも頑張ってほしくて(かしこくなって欲しいし)

通信教育をさせたり進学塾へ通わせましたが

それ以外は私がわが子を分析するところ

長男坊は運動系

次男坊は芸術系

が向いていたように思います。

 

f:id:etchannel7:20200903225712p:image

 

 

子供にとって何がベストな習い事か。

その習い事が大人になってどんな効果がでるか。

 

考え出すとたくさんいろんなことを経験させたくなります。

でも現実は月謝もかかるし時間も必要。

 

取捨選択ですね。

 

その選択が難しい…

 

英会話もさせたかったなあ…

なんて今更ながら思うこともあります。

 

 私の考えですが、無理強いは伸びないのかなと思います。

甘いのかもしれませんが。

少なくともうちの子はそうでした。

 

 親の見栄やエゴにならないよう、子供達が向いているものを見極めて

大人になった時に何かにつながればと思ってましたが

今のところ何かに秀でているとか、才能が開花したということはないです。

ははは。

 

それでも、サッカーの試合でも、ピアノの発表会でも

息子たちの成長を見ると励まされるし感動します。

目的や目標が最初はあり、子どものためと思い始めた習い事でしたが

自分が楽しんでいたのかも…と思います。

 

やっぱり、親のエゴかな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

久しぶりに挑戦

ロングブレスダイエット

再度挑戦

不調を治す目的

 

先日テレビを見ていたら

ジャパネットたかたの社長さんが

美木良介氏の『ロングブレスダイエット』を

会社に取り入れている話をしていました。

 

え?なになに

まだ流行っているの??と失礼ながら思ってしまいました。

ゴメンサイ。

調べてみると今いろんな経営者さんがはまっているとか。

本もいつの間にかたくさん出ていたのでびっくりしました。

 

 

私は今までいろんなダイエットに挑戦してきました。

テレビで取り上げられたダイエットは、すぐに飛びついてしまうタチです。

 

 

『ビリーズブートキャンプ』『TRFイージー・ドゥ・ダンササイズ』

『カービーダンス』etc…👈CD全部持ってます。

道具もあれやこれやとあります。

バランスボール、フラフープ、踏み台昇降の台、ダンベル、エアロバイク…

 

 

もちろん、美木良介氏の『ロングブレスダイエット』も

7,8年前にCD付き本を購入。

当時、子供達も面白がりいっしょにやりました。

余談ですが、

CDの中の美木良介氏は上半身裸で体にオイル?を塗っているのか

かなりテラテラと光っていてそれが子供達にはツボでした。(๑˃̵ᴗ˂̵)(笑)

 

f:id:etchannel7:20200901114417p:image

 

 

でも結局、当時せっせとやっていましたが

私が飽きっぽくて(根性もないんですが)(*゚▽゚*)

結果がでないうちにしばらくしてやめてしまいました。

CDは本といっしょに本棚の奥深くに…

 

 

 ダイエットについてですが

以前は体重を減らして体を絞りスタイルが良くなりたいと思っていました。

ただ最近は正直なところ筋トレやランニングなど体を動かす気力がないです。

 

 

痩せるための運動をやろうという気力がなかなか持てなくて

ダイエットを「やるぞー!」っていう燃える気持ちまでいかない…

そこまで気持ちが持っていけない…

すぐに横になりたいっていう状況です。

だるくてやる気が起きないという感じです。

(毎年受けている健康診断ではひっかかりません。甲状腺も異常なし。)

 

 やっぱり更年期のせいかなぁ~

 更年期のせいになんでもしたらいけないけど

なんでも億劫になりがちです。

基本、いつも昼寝していたいです(笑)

 

 

そんな中経験のあった『ロングブレスダイエット』は

筋トレというわけでもなく、きつい印象はなかったし

もしかしたらこれならとりあえず体調が良くなるかも⁈

と思いました。

 

 

 さっそく

CDを探し出して久しぶりにやってみました。

(メルカリで売らなくて良かった)

 

 

『ふうっー!!』

 体がじんわり熱くなるのを思い出しました。

冷え性にもいいかも。

 

 

 

ストレッチやヨガもいいかなって思ってましたが

『ロングブレスダイエット』は基本のポーズさえおさえたら

難しくないし私にとっては単純でいいように思います。

 

 

ブログも続けたいし、子育てもまだまだ続くので

健康で更年期を乗り切りたいです。

 

 

健康第一!

元気ハツラツでありたいです。

(痩せたらホントはもっといい)

 

 

毎日でなくても続けられるようやってみようと思います。

 

f:id:etchannel7:20200901114434p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

コロナも心配だけど、熱中症もかなり心配です。

この時期に体育祭の練習が毎日…

アラフィフママは心配だよ

熱中症対策

 

長男坊の学校では体育祭の練習が始まりました。

連日体操服を持っていきます。

正直びっくりです。

全国的にどうなんでしょう。体育祭シーズン?

今?

 

 

こんな真夏に…

 

連日天気予報では、危険な暑さと言われていますが…

高校生は体力あるからって話?

私は立ってるだけでもくらくらするよ。

次男坊の中学校は、

例年5月にある体育祭を今年は10月に予定しているとのこと。

 

 

 

私は、この暑さは中学生でも高校生でも年齢関係なく心配です。

長男坊が言うには、体育の時間はいつもコロナ対策でマスクをしているそうです。

体育祭の練習でももちろんしているようです。

そして体育祭の競技によっては軍手をしているそうです。

これまたびっくりです。

おそらくこれはコロナ対策とのこと。

 

帽子にマスクに軍手… 

 え? 軍手? 

そして練習はだいたい2時間授業。 

午後から授業の時も。

 暑かろうに…

 

f:id:etchannel7:20200829113113p:image

 

 

毎日、誰か倒れないのかなぁと考えてしまいます。

女の子とかどうなんだろう。

紫外線浴びすぎて、シミだらけになったり

皮膚がんになったりしないのか心配にもなります。

大げさ?

 

 

もともと部活(運動部)が夏休み中もガッツリあり、それも心配でした。

午後から練習も普通にあり、

こんな炎天下に今から登校⁈って思っていました。

(長男坊の学校は部活入部が必須)

 

 

できる対策としては、

ありきたりになるけど

①塩飴(うちは塩サイダーというお気に入りの飴)

②冷っとする日焼け止めスプレーをふる

③冷っとする汗ふき取りシートで体をふく

④通気性がよい肌着

⑤お茶多め。時には経口補水液OS-1も持参

⑥お弁当入れに保冷剤多め👈役立つ時があるかもと思い

 

こんな感じかな。

長男坊に『熱さまシート』を貼って授業を受けたら?

って提案したら

そこまでしなくていいとのこと。

みつかったらややこしいのかなあ…

 

 

無事に体育祭が終わるのを祈るのみです。

 

ただ謎なのが、

体育の授業では、マスク使用ですが

部活の時はマスクはしないそうです。

学年別で練習したり、時間差で各部活がグラウンドを使ったりという

対策はされているということは聞いてますが…

 

 

 

コロナも心配

熱中症も心配

アラフィフママは心配です。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

子どもが長い期間遊んだおもちゃ

購入してから7年経った

いろんな遊び方

兄弟とも友達とも

これ買ってよかったと思うおもちゃ。

正直高かったけど

うちの息子たちが長期で遊んだおもちゃがあります。

おもちゃと言うより知育玩具と言うのかな。

 

それは『カプラ』です。

長男坊は小学1年生、

次男坊が年中さんの時に購入しました。

 

 

同じ形をした積み木になりますが

それなりに数があるといろんな遊び方ができます。

年齢が上がると共に遊び方を変えて楽しんでいました。

 

 

コロナで自粛中、うちの息子たちは

ゲームに飽きるとカプラで遊んでました。

中学生と高校生だけど。(о´∀`о)

 

 

小さい時はただ積み重ねたり

ドミノをしていました。

大きくなるにつれて

付属の本を見ながら作品に挑戦したり

兄弟で交互に積み上げて楽しんでいました。

 

f:id:etchannel7:20200826133335p:image

 

購入してから約7年間

頻繁に遊ぶというわけではないけど

急にはまって何かを作り出したり

たまに引っぱり出して

遊んだりということが続いています。

 

 

知育玩具だし

なんかかしこくなりそうだし…(๑˃̵ᴗ˂̵)

って、母として厳選したおもちゃでしたが

これは買って良かったと思っています。

 

 

 

 

うちは👆この大きさ(数)のカプラでちょうどよかったかな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ

パパさん、取り憑かれてる((((;゚Д゚)))))))⁉️

旦那さん、ヤバいよって言われて…

除霊してもらうことに。

でもね。

 

数年前の話ですが。

 

当時パート先で仲良くしていた若い女の子の彼氏さんが

霊媒師のお仕事をされていました。👈ビックリ‼️

そんな彼氏さんの話を聞いて、かなり驚きつつ

私が「うちの家族は取り憑かれてないかなぁ」って言うと

女の子が「簡単にわかるよ」って言い

話の流れで見てもらうことに。

 

 

その彼氏さんは直接会わずとも

生年月日を聞けば

その人の背後についている守り神のようなものがわかるそうで

その守り神と対話をして

その人の状態、状況がわかるとのことでした。

 

 

そして、尋ねた翌日には

私と子供達は『大丈夫』とのことでした。

 

 

ただ…

 

 

「旦那さん、ヤバいみたい、実際に見たもらったほうがいいかも。」

って言われました!!

そう言われると気になって…(>人<;)

 

 

その後直ちに約束を取り付け、

彼氏さんにおうちに来てもらいました。

 

 

そして無事

パパさんは除霊してもらうことができました。

 

 

 

結局、何が取り憑いていたのか尋ねたところ

人間でもなく動物でもなく長い間成仏できない塊のようなもの…

そんなようなお話をされました。

 

 

そして最後に彼氏さんが

「俗に言う、妖怪ですね。」って。

 

f:id:etchannel7:20200822220031p:image

 

 

「え?」

「妖怪❓」

って私。

 

 

不謹慎?なのかもしれませんが

妖怪って言われると…

 

f:id:etchannel7:20200822220048p:image

 

 そして

いつ頃取り憑かれたのか尋ねると

「かなり前から入りこんでたようですね、20代ぐらいかと。」と、

言われました。

 

「ん?」

 

結婚前から取り憑かれてた❓

 

 

じゃあ私は妖怪人間と結婚してたのかい❓

(笑)

 

 

友達にこの話の流れを話すと爆笑されました。

 

 

今にして思うと、

具体的に「あなたに恨みを持った人が背後にいました」

とか言われるより

『妖怪』って言う表現のほうが私にとっては

怖くなかったからよかったと思います。

 

 

そんなこんなで除霊の後

今日に至るまで

平穏無事に暮らしています。

 

 

 

他でもパパさんは体質的に憑かれやすいタイプと言われたことがあるので

行く場所には今後も注意しなきゃなとは思っています。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

もしや霊感⁇

 

今週のお題「怖い話」

突然言い出した

次男坊

3歳の頃

 

次男坊は幼稚園に行く前の3歳の頃

不思議な言動がありました。

 

 

遠くをじっと見ていたかと思うと

その方向を指して『人がいる』と…

 

 

私には全く見えていなくて

正直とても怖かったです。(真っ昼間でも。)

本人はぜんぜん怖がる様子がなかったので

次男坊には

私が想像するこわ~いおばけ?のように

うつってなかったのかも。

 

 

こんなことを次男坊が言うのは

少しの間でした。

当時ママ友に、この歳の頃の子供はそんなことがあるよと

言われました。

 

f:id:etchannel7:20200821144528p:image

 

 

次男坊はどちらかと言うと長男坊より

敏感な赤ちゃんでした。

感受性が豊か?と言うのかな。

幼児期も

新しい場所や人混み、慣れない場所を

とにかく嫌がりました。

何か感じとっていた?

そういうのは関係ないかな。

 

 

中学生になった次男坊は今は怖がりでテレビでも

怖い系は見ません。(笑)

たぶん霊感もありません。おそらくだけど。

 

 

 

『家の中に知らない人がいる』と言われると

わが子ながらちょっと怖い...と、

思った体験でした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ